まさ@ブログ書き込み中

まさ@ブログ書き込み中

まさの旅、英語、プログラミング、プライベートについて、色々記録しています。

Webアプリケーションってなに?【Web技術入門1】

 

こんにちは、ある企業のWebテストを終えたまさです。

 

「続きはWebで」とか良くCMで聞くし、

ウェブサイトを作ってみたこともあるのに、

Webマーケティング会社が前身のコンサル会社のインターンシップに参加したのに、

 

Webのことを知りませんでした。

 

というわけで、最近読み終えたこの本について何回かに分けて投稿していきたいと思っています。

 

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

 

 

それでは早速いきましょー!

 

Webアプリケーションとは

 

この本によると、世の中には、大きく分けてデスクトップアプリケーションとWebアプリケーションというものがあるそうな。

 

うん、どっちも聞いたことある。

 

違いは何か。

 

デスクトップアプリケーションは、私たちのPC上でのみ動作するもの。つまり、私たちのコンピューターやOSで起動し、処理を行い、画面が表示される。

だから、みんながインストールするソフトとかも、全部デスクトップアプリケーション。一度こっち(私たち)側に持ってきて、あとはこちらで動作させる。

 

Webアプリケーションは、文字どおりWebを利用したアプリケーション。よって、動作は手元のPCではなくサーバー上で行われます。

Facebook楽天Amazon・・・。Webブラウザ上に表示されている便利なサイトやWeb上で利用できる機能のことです。

 

 

まとめ

 

というわけで、この本に書かれていた表をここにもあげておきます。

 

デスクトップアプリケーション

処理の主体:手元のPC

画面の表示:OS上で表示

インストール:必要

 

Webアプリケーション

処理の主体:サーバ

画面の表示:Webブラウザ上で表示

インストール:不要

 

 

こう見てみるとわかりやすい。Web上のものを、Webブラウザで表示しながら使うからインストールが要らない。それがWebアプリケーションというわけだ。

 

 

1章はここまで。

ではまた。

 

 

(0.25h)

 

 

広告を非表示にする