まさ@ブログ書き込み中

まさ@ブログ書き込み中

まさの旅、英語、プログラミング、プライベートについて、色々記録しています。

自分で考える

 

こんばんは、まさです。

 

最近思うことがあったので、急遽記事にしました。

 

自分で考えて決める

僕は大学生なので「教えてもらう」という機会が圧倒的に多いです。

なぜ教えてもらうか。自分がわからないことを、相手の方がわかっているからです。

 

教えてもらう方が近道になりますし、教えてもらわないと何もできない状況だってあるでしょう。

 

だけど、「教えてもらう」だけの受け身の姿勢は、自分の頭で考えることをやめてしまうという危うさがあります。

 

ある程度教えてもらったら、その先は自分で考えた方が良いという話ではありません。教えてもらったそのことについて、一度疑ってかかった方がいいということです。

 

何かを教えてもらうとき、特にそれが全く未知の領域のことについてだったとき、僕らは先輩や偉い人が教えてくれることを土台にして物事を考えます。

 

しかし、その土台が自分に合っていなかったら、何が起こるでしょうか。

それ以上何を積み上げても自分が望むようなモノやコトは得られなくなります。

 

 

そのようなことにならないためにも、誰かから何かを教えてもらう時にはそれを土台にすべきかどうか、一度疑った方がいいと思います。

 

 

例えばこういうこと

キンコン西野さんの話

いつも読むわけではないんだけど、今日パッと目に入ったこの記事。

lineblog.me

 

この記事の中のこの話。

到達したい目標があって、たとえばその為に「ひな壇に出ない!」と宣言し、実行し、結果、それによって仕事が全てなくなっても、それは僕の仮説や行動が間違っていただけの話で、僕が全ての責任をとればいいだけの話。
他の誰にも迷惑をかけていない。
 
ところが、時々、集団の掟で生きている人達が「芸人だったら、ひな壇に出るべき!」みたいなことを言い出してきて、超絶気持ちが悪い。
お前が「ひな壇に出るべき」と考えるのであれば、お前がお前の人生で「ひな壇」に出ればいいのであって、お前のルールを押しつけるな。
お前の主張に従って、たとえば僕の人生がマイナスに転んだ時に、お前は責任をとれるのか?
責任をとれるんだったら言ってこい。
責任をとれないのであれば、黙っとけブス。

 

また、スケジュールの「仮押さえ」を受け付けない、ということを西野さんがFacebookで書いたところ

「そんなことを言ってはいけない。仕事を貰えるだけでもありがたいと思わないといけない」
という糞ブスコメントが数件届いたので、すこぶる気持ちが悪かった。
そのコメントから聞こえてくるのは我慢してるんだから、お前も我慢しろで、知らねーよ、タコ!タコ壺!

 

と思ったそうな。

 

この二つの引用の話、「ひな壇に出る」とか「スケジュールの仮押さえがある」は、いわゆるその業界での常識であり、ある世界の常識はその世界にすでに居た先輩たちや偉い人たちが新人たちに受け継がれていくわけです。

 

お笑いの世界はこういうものだ、ひな壇に出ることが大切だ、スケジュールはマネージャーが管理していて、まずは仮押さえされ、クライアントが最後に決めるものだ。ということです。

 

でも、西野さんは自分で考えて「おかしい」と思って、行動しています。

僕が言いたいことはこういうことです。

 

おーたつの話

僕らの前回書いた記事にもおーたつが似たようなこと言ってました。

masa-world.hateblo.jp

 

その中のこのやりとり。

まさ:そうかそうか。でもさ、働いて数ヶ月で「未来が見えた」とか言ったら、「お前はまだ仕事をわかってない」とか「もっとやりがいは別のとこにあるんだよ」とか「自分で探すんだよ」みたいな意見ありそうじゃない?実際言いそうな人や言われそうなイメージが出来るし。

 

たつ:いや、それはわかるんだけど。正直に調子乗ったこと言わせてもらうと、「そんな意見、お前が本当にやりたいことをやってこなかったことを正当化してるだけやろ。『ここでも楽しい』とか『努力が甘い』とか。一緒にすんな。」って思う。

 

たつ:俺、「同じ環境にいても幸福度は人による」って思ってるんだよね。だから全く興味がないテストで0点を取ったりしても、普通は落ち込むべき点数なんだろうけど、これっぽっちも落ちんだりしなかったりするんだよね。他の人がどう反応するかは、俺の反応には関係ない。でもこれって反対から見ると、同じ環境にいても俺だけが楽しんでいない時もあるってこと。

 

 

自分が責任取るんだから、自分で決めればいい。

あなたと私は違う。だから正解が違うこともある。

 

なのに、ぐちぐち文句言ってくる人がいる。否定してくる人がいる。

自分を正当化したくて仕方がない人がいる。ドヤリングしたい人がいる。

 

そういう人に会ったら無視した方がいいです。

そして、真摯に向き合ってくれる人たちと一緒に考えていった方がいいと思います。

実際に僕はそうしてきました。

 

まとめ

得意の三行でまとめます

  • 前提を疑った方がいいと思う
  • 自分と相手は違う人間だということを頭に入れておいた方がいいと思う
  • 「自分の考え方に合わせろ」ってうるさい人は無視でおk